自動車税の制度変更

自動車税の制度変更

 

・自動車税の名称の変更
  
  自動車税 → 種別割
  自動車取得税 → 環境性能割
  
  
・税額の変更
 
 種別割 基本3種
  
  標準
  
  安い:2019年10月からの新規の車のみの適用
  
    排気量
     
     1000cc迄 29,500円 → 25,000円
     1500cc迄 34,500円 → 30,500円
     2000cc迄 39,500円 → 36,000円
     2500cc迄 45,000円 → 43,500円
     3000cc迄 51,000円 → 50,000円
     3500cc迄 58,000円 → 57,000円
     1000cc迄 66,500円 → 65,500円
     
     ※排気量が少ない車の方が、減額が大きい
    
  
  重課:ガソリン車 平成18年3月以前車両
     ディーゼル車 平成20年3月以前の車両
     
     自家用車:15%の重課
     貨物、営業車:10%の重課
     
  その他:燃費基準によって50%の軽課か75%の軽課
  
  

 環境性能割
  
  基本 普通車3%、軽自動車2%
   加えて、割引は燃費基準達成などから1%~2%の免税
   課税標準額が50万円以下の車についてはゼロ
   
   時限的減税措置があり2019年10月~2020年9月30日までに取得の車は1%の減税措置があります

税という名称から割という名称へ変更なのですが、
少し騙されている感もある名前です。あくまで税金ですので。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA